格安・満足のオーダーメード観光ツアー・社員旅行をご提供します。

お問い合わせ 0422-54-0655

News

埼玉県川口市発、10月15日千葉大学野菜工場見学発表!

埼玉県川口市出発!
千葉大学野菜工場見学ツアー発表しました!

埼玉発日帰りバスツアー千葉大学野菜工場見学
旅行日:2018年10月15日(月)
参加費用:1名様¥8,000
千葉県柏市柏の葉にある、千葉大学の環境健康フィールド科学センター。ここは平成21年度農林水産省のモデルハウス型植物工場実証実験・展示・研修事業で設置された、総額13億円・60社の民間企業等が参画する国内有数の植物工場です。最先端の植物工場を見学して、日本未来の農業のあり方のいったんを見てみませんか? 昼食はテレビ番組の料理の鉄人、チューボーですよなどに出演した佐々木清恭オーナーシェフのレストランにて、フレンチのコースをお楽しみください。

旅行代金に含まれるもの(バス代、千葉大学野菜工場見学代、昼食代、保険代)

 

詳細ページはこちらをクリック♪

千葉大学野菜工場
ル・クープル料理長佐々木清恭
ランチ(写真はイメージです)
川口リリア前 8時45分集合 お問い合わせ先
川口リリア前出発(9:00)
  ↓
千葉大学野菜工場(10:00~11:30)
  ↓
ル・クープル(コースランチ)(12:00~13:30)
  ↓
道の駅しょうなん(お買い物)
  ↓
川口リリア前(16:00)

※時間は交通などの事情により前後する可能性があります。
☎:電話番号
048-224-1011
リリアツアー
お申し込みは

こちらから

 

千葉大学野菜工場紹介

 千葉県柏市柏の葉にある、千葉大学の環境健康フィールド科学センター。
ここは平成21年度農林水産省のモデルハウス型植物工場実証実験・展示・研修事業で設置された、総額13億円・60社の民間企業等が参画する国内有数の植物工場です。

施設内(13,350㎡)には、太陽光型が5棟、人工光型が3棟の他、育苗・選果・出荷場、研修棟などが設置されています。

中でもジャパンドームハウス(株)が手掛けているドーム型は厚さ20㎝の特殊発泡ポリスチレンの建屋で、その中ではアマゾンなどの物流現場でも使われている自動搬送ロボットを活用して、効率的なLED水耕栽培を実現しています。

ドーム型のメリットは、密閉された野菜に最適な環境(害虫、伝染病、害獣、天災、PM2.5、悪天候、人災などから守る)を提供するだけではありません。
高さが3.5mの空間でも多段式で栽培できるので収穫量がアップする点、液肥だけでの栽培で土壌で育てる場合の問題(雑菌など)の心配がない点、同品質の野菜を大量に生産できるので品質保持ができる点など様々なメリットがあります。ドームは床面積が180㎡で、播種から収穫・梱包まで一連の作業を行っています。

 また、(株)レイズとMIRAI(株)による人工光利用植物工場では、100坪の敷地に10段のフリルレタスを中心に栽培棚がたくさん設置されており、1日あたりの収量は、およそ3,000株です。

10段ある棚には国内・海外メーカーのLEDが設置されており、各メーカー毎に各種データをビックデータとして活用すべく、記録集計しています。

一般的に高いLEDで9万円/本程度から、安いLEDで8,000円/本(主に韓国産)とのことで、性能は価格に比例するようで、高いLEDほど成長を加速する波長がでています。

24時間コンピューター管理(温度、光、栄養水、CO2)されており、生育効率と栄養バランスの良い野菜を効率よく生産しています。
各種データはPCでもモニタリングしており、見学時にもみることができます。
また工場内で作業する方がPCの出す指示通りに動いて、栽培された作物の状態をチェックして記録しています。

ここで生産される野菜は大学内の直売所で販売されていたり、サンドイッチや春巻き工場、レストランに提供されています。

未来の農業の可能性が広がる、野菜工場見学、ぜひご参加してみて、学んでみてみませんか?

ご応募、お待ちしています!

 

☎:電話番号
048-224-1011
リリアツアー
お申し込みは

こちらから


© Tabiclub All rights reserved.